夏の終わりに角質ケア

夏はサンダルを履く機会が多く素足を出して外を歩いている方が多かったんじゃないでしょうか?

素足を出して外を歩くと足の乾燥や紫外線にさらされるので日焼けします。

普段は靴下や靴で保護されている足の部分が外に出るとダメージが蓄積されて秋から冬にかけてトラブルが出やすくなります。

よく起こるのはカカトの角質がガサガサになるや巻き爪になりやすかったします。

どちらも見た目があまり良くないので非常に気になる所です。

特にカカトの角質はご自分でお手入れされるとケアしすぎる方が多いので逆に足のダメージへと繋がります。

夏が終わって足を見てケアするのではなくて週に1回足の角質を除去するなど定期的に自分の足をケアして上げて下さい。

分からないことがあればフットケアサロンに行くことをおすすめします。

足の角質を削るのに適切な量とアフターケアの仕方を教えてもらえます。

ドクターネイル奈良でも角質について勉強をしておりますのでお気楽にLINEをして下さい。