090-9884-5400 LINEでのご相談

ブログBlog

Blog

090-9884-5400

LINEでのご相談

営業時間

9:00~20:00

定休日

不定休

Home > ブログ > 妊娠とフットケア

足のコラム

妊娠とフットケア

こんにちは。奈良県橿原市でフットケアをしているドクターネイル奈良です。

赤ちゃんが出来ると体の様々な所が変わりますよね?

匂いに敏感になったり眠くなったりと身体の変化が訪れますが足にも変化が起こります。

どんな変化があるのか説明していきます。

目次

妊娠とフットケア

女性にとって妊娠とは生命を生み出す作業のために体調の変化が激しくなります。
ホルモンバランスが変わったり体重の増加による足腰の負担など様々な変化があります。
勿論、足への変化も大きいです。

巻き爪になりやすくなる

巻き爪は足の指先に体重が乗らなくなり爪に床反発が無くなって巻きやすくなります。
妊娠してお腹が出てくると赤ちゃんを守るためにどうしても後ろに重心を取ろうとするために足の指に体重が乗らなくなります。
そのため巻き爪になりやすくなります。
太っている人もこのため巻き爪になりやすいです。

妊娠すると髪の毛が伸びやすくなりますが爪の伸びる速度も早くなります。
赤ちゃんがお腹の中で大きくなるとお腹が張って足の爪が切りにくくなり深爪にしてしまって巻き爪になりやすくなります。
出来るだけ爪を切る回数を減らしたいという心理が働くのだと思います。
また、旦那様に切ってもらうとなると普段他人の足の爪を切ったことが無いので適当な切り方になり深爪にしてしまうことが多いです。

是非、巻き爪にならないためにプロのドクターネイルで足の爪を切ってもらいたいと思います。

足が浮腫みやすい

妊娠すると指輪が抜けにくくなったりしませんか?
実は妊娠中は血液の中の水分量が多くなり体が浮腫みやすくなります。

更にお腹が大きくなると足の付け根にある血管を圧迫するので足がすごく浮腫みます。
浮腫みというのは血流が悪くなるために老廃物を排除出来なかったり体温が低くなったりします。
妊娠中の冷え性は母子にどちらにとっても良くありません。

リフレクトロジー(フットマッサージ)は昔からあるマッサージ法です。
足の特定の部位を刺激したり、足の揉み解す事でリラックス効果と自己免疫力を高めます。

妊娠中のリフレクトロジーは不安な気持ちを解消したり血流を良くするのでお腹の赤ちゃんにも良いと言われています。

是非ドクターネイルのリフレクトロジーをお試しください。


偏平足になりやすい

妊娠は産道を緩めるために靭帯が緩くなるホルモンが出ます。
このホルモンは体全身の靭帯を緩めるために足の靭帯を緩くしてしまいます。
更に赤ちゃんが大きくなってお腹が大きくなると体重が増えてしまい足のアーチが崩れてしまって偏平足になりやすくなります。
こんな時にもフットリフレが効果的です。
心地良い音楽とリフレで足とお腹の赤ちゃんが喜びます。
是非ドクターネイルのフットリフレをお試しください。

ドクターネイルでは3密に気を付けております

ドクターネイルでは新型コロナウィルス感染予防・拡大を止めるために3密を避けて営業しております。

まず一人でサロンをしているという事です。

次に換気に気を付けて消毒も入念に行っております。

昨今流行りのコロナウィルスだけでなく様々な感染症に対する対策を日頃より行っております。

出張でも次亜塩素酸水噴霧器を持って出張ケアをしておりますのでご安心してご利用ください。

シェアするShare

ブログ一覧