長靴を長時間履くと足に悪い

お問い合わせはこちらLINEでのご相談

長靴を長時間履くと足に悪い

長靴を長時間履くと足に悪い

2021/07/21

夏真っ盛りになってきました。

夏野菜の収穫の時期になってまいりました。

そうすると長靴を履く日が多くなってくると思います。

長靴って中々足に厳しいアイテムなのですがどうすれば良いのでしょうか?

 

こんにちは。奈良で出張フットケアをしているドクターネイル爪革命奈良です。

{alt000}

長靴は足に悪い履物です

長靴は様々な所で活用されています。

しかし、足にフィットする事が無いので長時間の使用は足に重大な負担を掛けてしまいます。

まず足が固定されないために長靴の中で足があちこちに当たるという事です。

特に踵が固定されないために足の指が前に当たりハンマートゥになりやすいので足の指が鉤爪状に曲がってしまいます。

また、踵が柔らかい為に足を立てる性能が弱いためにしっかりと立てません。

良い靴を見たら分かりますが踵の部分が固く出来ています。

そもそもゴム製品ですので蒸れやすいです。

足が蒸れやすいという事が雑菌が湧きやすく足裏環境にとって良くありません。

 

 

対策

こちらの方は農家に嫁いだお嫁さんなのですが足の裏に魚の目が出来ていました。

長時間の長靴での作業で足の人差し指の下と小指の下にタコと魚の目が出来ています。

この場所は足が固定されていないと擦れやすい場所なのですがやっぱりといった感じです。

しかし、仕事という事で長時間履いてしまうのは仕方ない所がありますね。

一つの対策としては長靴用のインソールを入れるというのがあります。

しっかりとフィットしたインソールを入れると足裏が固定されます。

もう一つは長靴固定ベルトを使うという事です。

これをしていると足首がしっかりとして足の運びがスムーズになります。

少しの工夫で足が守れるので是非参考にして下さい。

爪が厚くなってお困りではありませんか?

高齢になると爪が厚くなるのは当たり前ではありません。

歩ける爪に戻すことで100歳まで歩ける足づくりをサポートします。

厚くなった爪も奇麗な爪に返る!

寝たきりにならないためにぜひご連絡を!

奈良県橿原市北妙法寺町200

ドクターネイル爪革命奈良

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。