足の爪が厚くなる原因

お問い合わせはこちらLINEでのご相談

足の爪が厚くなる原因

足の爪が厚くなる原因

2020/07/10

こんにちは。奈良県橿原市で出張フットケアをしているドクターネイル奈良です。

足の爪は年を召されると厚くなるのは知られていますが若くてもなります。

多くは強い衝撃を足の爪に受けると厚くなるのですがそれ以外にもあります。

{alt000}

足の爪の水分が無くなる

足の爪の先の白い部分は水分が無くなっているので真っ白だったりするのですが高齢になるとその部分が

上に上がってきます。

つまり爪全体の水分が失われて爪が真っすぐ伸びなくなります。

真っすぐ伸びずに上方向に伸びていきます。

そうすると厚くなって爪が切れなくなってしまいます。

年を取ると足へ行く血流が弱くなるので栄養が爪にいかなくなるのです。

こうなった場合は削るしかありません。

靴の中で圧迫されて足の指に痛みが走ったりします。

爪水虫

水虫が最終段階になると爪水虫になります。

こうなると爪の下の角質が異常増殖して爪を押し上げて厚くなります。

内部の角質も簡単に取れないので爪を削ってあげる必要があります。

また、爪を削ることで水虫の薬が浸透しやすくなって直りが早くなります。

ただ医師の診断が先に必要ですので爪水虫になった場合は皮膚科に行って医師と相談の上お越しください。

水虫なので若くてもなります。

足の爪に強い衝撃を受ける

足の爪に強い衝撃を受けると上手く伸びなくなります。

ドクターネイルに来られる方は足を踏まれたという方や足に重い物を落として爪が変形したという方が来られます。

爪が足の指にくっつかなくて爪が丸くなっている方もいらっしゃいます。

ズバッと切ってくっついている部分から爪を伸ばさないと綺麗な爪には戻らないでしょう。

これもドクターネイルの機械で可能です。

 

足の爪は歩行に必要な重要なものです。そのままにせず早い目に良くしていきましょう。100歳まで歩ける足作りを一緒に始めませんか?ご連絡お待ちしております。

悩まずに一度ご相談ください

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。