新型コロナでの運動不足による足と体への影響

お問い合わせはこちらLINEでのご相談

新型コロナでの運動不足による足と体への影響

新型コロナでの運動不足による足と体への影響

2020/10/23

新型コロナウィルスが騒がれて10か月が過ぎました。

それにより生活習慣が変化して人々が移動するという事が減りました。

人が動かなくなったという事は足を使わなくなったとも言えます。

歩かないとどういう風になっていくのでしょうか?

 

こんにちは!奈良県橿原市出張フットケアをしているドクターネイル爪革命奈良です。

{alt000}

筋力低下

歩かないという一番先に思いつくのは足の筋力低下です。

若ければ足が動かなくなるというのはピンときませんが高齢者になると2週間運動しないと筋力が4分の1低下すると言われています。

筋力以外にも心臓など循環器も弱くなるので血流が悪くなります。

血液を押し出すのにも筋力がいるので冷え性が更に悪化するというのも考えられます。

お年寄りの足を触ると異常に冷たい方が多いので自分はよく分かります。

寝不足

足との関係は薄いのですが寝不足が多くなっています。

テレワークになって生活にメリハリが無くなっているのも理由だそうです。

運動しないと疲れにくいので眠れないというのもあります。

また、睡眠不足はメンタルの影響も大きいです。

今までは休み時間など同僚と雑談してストレス解消していたのが無くなり人と触れ合う機会が減ると沈んだ雰囲気になります。

家にこもっている自分を思い浮かべる分かりますが一人でいる事は良くありません。

太る

運動不足なので体重が重くなります。

テレワークの場合一日の歩数が3000歩以下の人が増えたと言われています。

駅まで歩いていたのが無くなるのですがから当たり前ですよね。

また、テレワークなので仕事の合間に間食をしてしまいやすいです。

高齢者もずっと椅子に座っていると手持ち無沙汰でおやつを食べている方をよく見かけます。

それがストレス解消だったりするのですが動かないのに食べて体に良いわけがありません。

巻き爪になる

運動不足で体重が増えると後ろ重心になって足指に体重が掛からないので巻き爪になります。

歩かない事でも足の指に重さが掛からないので爪は巻いてきます。

また、体重が増えてお腹が出っ張ると足の爪が切りにくくなって深爪にして巻き爪になったりもします。

フットケアサロンらしい書き方ですが或る或るです。

 

自分の状態を可視化して体を知ろう

足のトラブルには私たちフットケアサロンが力になりますが、予防という観点では自分の状態を把握しないといけません。

私がお勧めしているのはスマートウォッチやバンドなど日ごろから万歩計を付けて自分の状態を把握することです。

スマホでも歩数は図れますがいつも持ち歩いていないので実際の数字が分かりません。

確実なのはスマートバンドを付けてスマートフォンのアプリで調べるという事が良いです。

本当に家の中でいるだけだと3000歩以下はありえます。

そんな歩数で血流が回らないのですから頭が痛くなって当たり前だと思いませんか?

スマートバンドでは1時間座りっぱなしだと警告が出てくるものもあります。

機械に支持されて情けない感じがしますが自分を把握するために、そして健康な体を手に入れるためには毎日の生活習慣を改める以外方法がありません。

 

また、足についてお困りの方はお気楽にご相談ください。

一緒に100歳まで歩ける足づくりをしていきましょう。

爪が厚くなってお困りではありませんか?

高齢になると爪が厚くなるのは当たり前ではありません。

歩ける爪に戻すことで100歳まで歩ける足づくりをサポートしております。

厚くなった爪も奇麗な爪に返る!

奈良県橿原市北妙法寺町200

ドクターネイル爪革命奈良

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。