足の指の間の魚の目の原因

お問い合わせはこちらLINEでのご相談

足の指の間の魚の目の原因

足の指の間の魚の目の原因

2021/04/19

若い女性の足のトラブルでお問い合わせが増えてきたなぁと感じるのは魚の目です。

他にも足のトラブルは多いのですが痛みを取って欲しいという切実な願いが多く感じます。

スピール膏でトラブルケアをしようとしますが足の間にある魚の目はとても難しいです。

 

こんにちは。奈良で出張フットケアをしているドクターネイル爪革命奈良です。

{alt000}

ハイヒールなど

足先が狭い靴が足の指の間に魚の目が出来やすいです。

スタイリッシュな靴は全て足先が狭い印象があるので靴にファッションを求める女性にとっては仕方ないのでしょうね。

しかし、それ以外の靴でも足の指の間に魚の目が出来ていました。

女子高生の方だったのですがローファーです。

日本のローファーは海外のローファーと違って脱げやすい構造になっています。

これは家に入ると靴を脱ぐという習慣がある日本ならではでヒールカウンターがしっかりとしていない為に踵の部分がカポカポして脱げやすいです。

脱げやすいために足の指先が靴に当たって魚の目が出来てしまうと思われます。

痛み無く簡単に魚の目を取ります

パンプスなどを履いていると靴下を履けないために魚の目が出来やすいですね。

特に安い靴下を履いていらっしゃる方は足環境が悪くてボロボロになっていらっしゃる方が多いです。

靴もしっかりとした良いものを選べば良いのですがデザイン優先や値段で選んでしまう方が多いので足に合ったものを履いていらっしゃる方が少ないですね。

ヒモ靴でもヒモがゆるゆるで足が固定されていないので足が悪くなったりします。

ドクターネイル奈良では簡単に足の指の間に出来た魚の目の芯だけを取ることが出来るのでその時に靴や靴下などのアドバイスをさせていただいています。

その日のうちに足の痛みが無くなると好評です。

セルフケアが難しい

指の間の魚の目はあまり深く魚の目の芯が出来ないのでセルフケアしやすそうです。

しかし、体制が窮屈になるために少し力加減を誤ると血を見る事となったりします。

結局長い時間を掛けて一生懸命取る作業をするのですが芯だけ取れないというお話をお客様から聞かせていただいています。

最初からプロの人に取ってもらえば無駄な事をいなくて良かったし痛い目をみなくてすんだと言われます。

魚の目の悩みは一人で悩まずにその日で痛みが無くなるので是非ドクターネイルにご連絡ください。

爪が巻いてしまって困っていませんか?

足の爪は一度巻き爪になると勝手には元に戻りません。

同じ習慣を続けていると更に巻いていってしまい最後には肉に刺さります。

痛み無く巻き爪ケアをしています。

痛みのない足に戻して寝たきりにならない足を作っていきましょう!

奈良県橿原市北妙法寺町200

ドクターネイル爪革命奈良

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。