アスファルトの上は歩きやすいから足が悪くなる

お問い合わせはこちらLINEでのご相談

アスファルトの上は歩きやすいから足が悪くなる

アスファルトの上は歩きやすいから足が悪くなる

2021/03/17

誰だって寝たきりになりたくないと思います。

寝たきりになりたくなければ足の筋力をしっかりと保たなければいけません。

簡単な方法は歩くという事なのですが歩き方がまずいと足に負担が掛かって余計寝たきりになりやすくなります。

 

こんにちは。奈良で出張フットケアをしているドクターネイル爪革命奈良です。

{alt000}

アスファルトの上を歩くという事

多くの人はアスファルトを上を歩いています。

アスファルトは車や自転車やバイクなどを運転しやすくするために設置されているインフラです。

平坦でとても歩きやすくて誰もが地道には戻れないと思います。

しかし、歩行というものを考えると歩きやすいというのは考え物です。

歩きやすいがゆえに適当に歩いても歩けるのです。

本来、人間は足の指を使って歩かなければいけません。

足にしっかりと親指に圧を掛けて歩かないと前に進みません。

また、平坦な道ではない地道の場合はバランスを取るために小指など親指以外を使ってバランスを取っています。

足が滑らかに稼働して体を支えています。

数々の体の変化

アスファルトやコンクリートの上は平坦で歩きやすいです。

歩きやすく足の指を使わずに歩くという事は足の指の本来の動きを一切しなくなるという事です。

使わないものは退化します。

足の指を使う事で足の筋肉が動き血流が足の指先まで行きます。

また、しっかりと足の指に地面の圧が掛かるので爪がたわみ巻いてきません。

足の指を使わない人は末端冷え性になったり巻き爪になったりと新しい現代病になっているとも言えます。

地道を歩くという事

アスファルトではなくて地道を歩くという事は足に良い効果が出やすいです。

地道は平坦に見えていても意外にボコボコしています。

知らず知らずのうちにバランスを取ろうとして足の指を使っています。

アスファルトに比べて歩きにくいのでしっかりと地面を掴もうと親指を使います。

特に斜面を登る時をイメージしてもらうと分かりやすいと思います。

絶対に足の親指を使わないと登ることが出来ません。

畑をしているお年寄りが元気な理由の一つは地面を歩いているからだと思います。

しっかりと足の指まで使って歩くことを大事にしてほしいです。

逆にアスファルトの上でも足の指を使うという事を心掛けてください。

それだけでも寝たきりになりにくい足が出来てくるはずです。

爪が巻いてしまって困っていませんか?

足の爪は一度巻き爪になると勝手には元に戻りません。

同じ習慣を続けていると更に巻いていってしまい最後には肉に刺さります。

痛み無く巻き爪ケアをしています。

痛みのない足に戻して寝たきりにならない足を作っていきましょう!

奈良県橿原市北妙法寺町200

ドクターネイル爪革命奈良

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。